メニュー

「30周年記念対談」公開収録のお知らせ

2021/04/24

第31回日本精神保健看護学会学術集会において「30周年記念対談」を開催いたします。

当初は山形の会場内で対談を行う予定でしたが、開催形式がオンライン開催となりましたので、対談を事前録画(公開収録)し、WEB開催期間(5月25日~6月25日)にオンデマンド配信することにいたしました。

対 談:精神看護を語る~精神看護の未来を見据えて~

座 長

〇萱間 真美(学会 第6期~第8期理事,法人化後(以下一社)第4期理事長/日本精神保健看護学会/聖路加国際大学)

対 談 者

〇阿保 順子(学会 第4期理事長,第6期監事/日本精神保健看護学会名誉会員/長野県看護大学 名誉教授/北海道医療大学 名誉教授/NPO法人こころ 理事長)

〇寺岡 征太郎(一社第4期理事/30周年記念事業委員会委員長/和洋女子大学)

2020年、学会は30周年を迎えました。この間、精神保健看護には大きな変化がありました。精神看護学の科目としての独立、法改正や改革ビジョンによる精神科医療の変遷、病床の機能分化と地域移行支援、メンタルヘルスへの関心の高まり、地域包括ケアシステム進展と看護の役割拡大……。そして、ちょうど30周年の節目となる2020年に私たちは新型コロナウイルスのパンデミックを経験し、新しいメンタルヘルス支援のあり方を模索することになりました。

今回、対談者として、本会の発展にご尽力くださった阿保順子先生をお迎えします。阿保先生には、対談のテーマでもある「精神看護の未来を見据えて」、30年間の変化だけではなく、これからの精神看護について語っていただく予定です。

そこで、若手会員の皆様に、ぜひ公開収録に参加していただきたいと思っています。参加方法は2つのパターンを用意しました。詳細については、下記をご確認ください。

【公開収録への参加方法】
公開収録日:2021年5月14日(金)10時から12時(実際の対談時間は60分程度の予定です)

1)リアルタイムでの公開収録への参加を希望する方
下記のフォームに必要事項をご記入ください(締め切り;5月10日(月)12時)
https://forms.gle/s528EmpJrkSSQQYa7

2)リアルタイムで公開収録に参加できないが、ぜひ阿保先生に語っていただきたいテーマがあるという方
下記のフォームに必要事項をご記入ください(締め切り;5月12日(水)12時)
https://forms.gle/CsVx6jNZh6SvzFAp6

Ø お寄せいただいたテーマの中からいくつかを選定して、対談でご紹介させていただきます。

〔窓口〕第31回学術集会事務局 japmhn31st@gmail.com

〔企画〕日本精神保健看護学会30周年記念事業委員会(寺岡征太郎 小山達也 松本賢哉 増滿誠 中戸川早苗)

戻る